メグレスのポケモン道

どんどんピカチュウ色に染まっていく日記

1人じゃダメでも

ポケモン映画みんなの物語、昨日観てきました!
本当は昨日書いておきたかったけど、家帰って寝落ちしてしまった。
以下から話の流れwith感想です。
ネタバレがあるので続きを読むから、どうぞ。

順番があやふやだけど、まあご愛嬌で。


初日。

途中でラルゴが言うけど、風祭りは三日間で行われるもので、最終日には聖火を目印にルギアがやってくるそうな。

リサ視点から始まった。リサは足を怪我して入院した弟のお見舞いへ行く。弟にポケモンを捕まえてきてほしいと頼まれ、嫌々ながらもフウラシティへ行く。

ラルゴはお父さんが構ってくれないのかと思ったらそうでもなさそう。仲はそこそこ良好とみた。ずいぶんとでかいベッドで寝てるな……。

カガチはリリィのためならなんでも(ん?)できるあたりすごい。話の脚色がすごいけど、人前で堂々と話せる自信家って感じ。いいね。あと、ゴルダックを捕まえてウソッキーを助けたり、子供思いだったり、実は良い人なのでは。

トリトは気弱なところが共感できた。わかる。人前で話すとめちゃくちゃ緊張する。ポケモンに対して優しい。ガラスの破片に触らないように注意したり。ヒスイについてきたポケモンにご飯あげたり。

ヒスイはポケモン嫌いらしいけど、なにかあったんだろうな。ヒスイについてきたポケモンピチューブラザーズにも出てそうなメンツだった。ベイビイポケモンが多かったからかな。

サトピカは安定してた。サトシは行動がイケメンだし、子供相手に「まだやるか?」とかピカチュウさんマジヤクザ。イベントで暴れるバンギラスを鎮めようとピカチュウに指示した時のピカチュウの「やれやれだぜ」みたいな顔めちゃくちゃ可愛かった。

バンギラスの動きがリアルだった。バランス崩した時の動きとか生々しくて、もしかして人よりポケモン(怪獣系)の作画のほうが向いてるのでは。

ポケモンがユーチューバーに媚びてるのはっぱカッター生えた。どこもかしこも媚びてるなぁ。

ヒスイの家ではしゃぐポケモンたち、大事な物だけは死守する。しかたなく外で寝て、起きた時にポケモンが近くにいたらそらビビるわな。ポケモンが寄ってくるのは、あまいかおりの効果だけではないような気がするんだよなぁ。


二日目。

リサの初バトルでサトシがリサに指示してる時の「リサ、〇〇だ!」がリサちゃんが戦うみたいに言っててちょっと面白かった。「おねがい!」はヒカリリスペクトかな。

リサちゃんにそっぽ向くイーブイを見て過去の自分を思い出して笑うサトピカ。笑い話になってますなあ。

メイクが取れておっかないことになっててビビられたリサ。まあでも目元とか唇とかのメイク取ったら可愛いんだろうなぁ。

弟の前でも言ってたけど、元陸部で足を怪我して以来、走るのが怖くなったそうな。サトシは「ポケモンがいれば何でもできる」みたいなこと言って励ましてて、サトシらしい言い回しだなって思った。

トリトの研究発表で壮大にしくじって目も当てられなかった。ああいうのは見てるこっちが不安になるから怖い。それにしても噛み方が上手い(そこ)。

人混みに飲まれてリサのイーブイが足を怪我してしまった。適切な処置ができるトリトまじですごい。本当にポケモン好きなんだなって。研究仲間に陰口言われてて可哀想だった。

今作のロケット団は逃げるのが上手い。サトシが見失ってしまうなんて意外。っていうか、前作で接点なかったのにいつの間に知り合ったんだ。

リリィに嘘をついてしまったことがバレて、会わせる顔が無くなってしまったカガチ。それについて行くウソッキーウソッキーくじけない。

サトシの腹の上で寝るピカチュウ。猫みたいで可愛い。重そう(6kgだし)


三日目。

聖火が無くなってしまった!風が来ねえ!!なんてこった!!な始まり。

犯人探しでピカチュウが匂い嗅いでたの可愛かった。ドーブルのせいか!?と思ったら、そうでもないみたい。専用のライトを当てると透明のドーブルのインクの塗料が光るので、それを辿ることに。研究者の底力が見えてて良い。

ゼラオラ達を助けたピカチュウまじピカ様。

聖火を盗んだのはラルゴだった。風が止まると電気も止まってしまうから、ゼラオラを守るためとはいえ、聖火を盗むのはやりすぎでは……と焦った。

山で胞子のカプセルが爆発!旧発電所を動かして煙を払うぞ!
ここから目からうずしお(継続ダメージ的な)。

ウソッキーとカガチの意気投合っぷりがいい。ゴミ箱の中からカガチが捨てたモンスターボールを拾ってきたウソッキーまじ健気。リリィを助けるべく向かう。

胞子の効果を相殺する自然回復のカプセルを作りに戻るトリト、研究者の皆に向かって声を張り上げる姿は涙なしに見れない。停電で電気が止まるも、ロケット団が売っていたラムのみで代用する。

ゼラオラのフラッシュバックで映る人がマジで子供泣かせすぎやしないか。山火事の方向へ向かったゼラオラを追うために、サトシとラルゴは山へ。

リサは聖火を戻しに走ることに。足を怪我したイーブイと自分を重ね合わせてそう。「どうしてそこまで頑張れるのよ!」でウルッときた。髪を束ねて靴を脱ぎ、イーブイを肩に乗せて聖火を担いで走る。

ヒスイは旧発電所を作った人だった!大事な物の中には旧発電所の鍵が。向かおうとするも、体力の限界か、動けない。偶然カガチがそこに来て、ヒスイを担ぐことに。

目の前が山火事になっていて、ヒスイは回り道を強いる。過去に、山火事でブルーを失って以来、ポケモンが好きになれなかったらしい。
泣いちまう。前作といい、死の描写が容赦ないよ!やはりポケモン達はヒスイの心底を見抜いていたか。火を消すためにポケモンたちの力を借りる。ウソッキーもモノマネ(?)で水を出す。旧発電所に着き、動かす!

サトシたちはポケモンたちを助けているゼラオラを見つけた。バトルで友達になろうという魂胆。ゼラオラの攻撃が他のポケモンに当たりそうな時、サトシが身を呈して守って倒れたんだけど、まさかまた消えたりしないよなって不安になって見てた。ま、普通に気を失ってただけだけどね。ゼラオラに手を差し伸べられ、掴む。ツメの部分刺さってない?そんなこんなで山火事の消火へ向かう。

トリトもラムのみのカプセルを届けに旧発電所へ向かい、ヒスイ達と協力して発電所を動かす。カプセルを投げるカガチ。見事に拡散成功。消火活動へ加勢する。途中、市民たちがゼラオラにエールを送るところは燃えた。

なぜか弟に場所特定されているリサ。高いところ苦手なのに臆しないリサ半端ないって!聖火を元に戻すと、ルギアが現れた。雨を降らせ、山火事を消していく。めでたしめでたし。


エンディングのブレスで泣いた。やっぱポルノグラフィティはいいね。

リサの弟がポケチューバーってオチだった。サングラスがカメラ機能付いてたらしい。


まとめると……

ポケモン全然知らない人でも、満足できる映画だと思う。リサが良い例。彼女は全くポケモンと接点なかったみたいだし。

とにかくだな、ピカチュウのほっぺすりすりは最高すぎた。サトシに懐きすぎて顔がにやけましたもの。

モブのピチューがめちゃくちゃ可愛い。煙が充満して口を覆ってるの不謹慎ながらも可愛かった。

前作は瞬間的な涙が出たけど、今作は継続的な涙が出た。(個人的にはピカチュウが泣いてたらガチ泣き不可避だった)

来年は春夏でポケモン。春には名探偵ピカチュウ、夏にはミュウツーリメイクがあるよ!これは見ざるを得ないね!


以上です。雑文ですが、見ていただきありがとうございました。